【HSP】感受性が強すぎてうまくいかない人のための処世術

hsp

人に共感しすぎて苦しくなってしまう。場の空気を読みすぎて疲れてしまう。無茶な頼みごとでもつい引き受けてしまう。

もしこんな悩みがあるなら、あなたはHSP(Highly Sensitive Person)かもしれません。HSPの人はその繊細さゆえ、社会生活や人間関係において苦労することが多いです。

しかし、無駄に悩む必要はありません。この特性について理解を深めることで、人生が少し楽になったり、HSPならではのメリットを享受したりすることもできます。

HSPは超繊細な人のこと

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、生まれながらにして高度な感受性を持つ人のことです。超繊細な人という理解でもよいでしょう。

比較的近年(1996年)に出てきた概念で、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン氏が提唱しました。

内向的、神経質、心配性、打たれ弱いなどの性格と混同されることもありますが、微妙に違います。HSPの本質は感受性の強さにあります。人やものに対してさえ強い共感を覚えることがあります。

HSPは感受性や共感性が高いがゆえに、社会生活をおくる上で不便を強いられることが多いのです。

ちなみに感受性(共感能力)が極端に低い人のことをサイコパス(反社会性人格障害)って言いますね。HSPとサイコパスは真逆の性質といえます。

さて、HSPは生来的な気質であり、病気ではありません。生来的なもののため、本人の努力や周囲の環境によってこの特性を変えることはできません

HSPは全人口の約2割(5人に一人)くらいいるとされており、日本人はこの割合がやや高いといわれています。また人間のみならず、100種以上の生物にも同じ性質が観察されています。

HSPの特徴

HSPは人の評価を気にしすぎたりちょっとした刺激に過度に反応したりするのが特徴です。どう考えても疲れますよね?

対人関係
  • 場の空気を読みすぎる
  • 人の気持ちを気にしすぎる
  • 人の言葉を真に受けすぎる
  • 頼み事を断れない
日常生活
  • 昔の失敗を気にしすぎる
  • 一度に多くのことをやりたくない
  • 光や音などの刺激に反応しやすい
  • 感受性が強く心を動かされやすい
  • ストレスで心や体の調子がくるいやすい
  • 自分を責めることが多い

これらの特徴を整理し、DOESと表現することもあります。

  • 処理の深さ(Depth of processing)
  • 過度な興奮(Over aroused)
  • 感情的反応性・高い共感性(Emotional reactivity and high empathy)
  • 些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to subtle stimuli)
参考 HSPセルフテストThe Highly Sensitive Person

考えなくてもよいことまで考えて、気を回して、から回りして、結局逆効果で、疲れるだけで得るものがなにもない(と思いこみがちな)んですよね。

HSPは変えられないし変える必要もない

うまくいかないのは自分のせいだと思い悩み、なんとか性格を変えようと涙ぐましい努力をしている人は多いです。しかし努力が実ることはなく、さらに自己嫌悪に陥ることとなってしまいます。

 
   こちらの記事もどうぞ! 努力はだいたい報われない!

気質(≒脳の器質)は変えられないのです。だから変えようと努力することはやめましょう。HSPはHSPのままでよいのです。ただしこれは、開き直るとか、現状の不便を甘受するとかいうことではありません。

HSPをうまく利用しよう!

せっかくHSPという特別な才能を備えているのですから、これを思いっきり利用しましょう。

HSPのポジティブ活用の時間を増やすことにより、人の意見を気にしすぎてしまうなどのネガティブ思考の時間を減らすのです。

映画や小説を楽しもう!

ちょっとしたことで感動することができるため、映画や小説を人一倍楽しむことが出来ます。ただし、怒りや悲しみ、不満なども人一倍となってしまうことが多いため、作品のチョイスは重要かも。

人生を変えるような素晴らしい作品に出会える可能性がありますよ!

創造的な活動に取り組もう!

繊細な感受性で他の人より多くのことを感じることができるので、何かを創造するのに向いています。

仕事にしても趣味にしても、なにか創造的な活動に取り組んでみましょう!

きっと毎日が今よりもずっと充実するはずです。

人や動物に寄り添う仕事をしよう!

保育関連、介護・医療関連、動物関連など、人や動物に共感し寄り添うことが求められる職業がたくさんあります。これらはHSPに向いている仕事といえるでしょう。

ただし、共感しすぎたり悩みを抱えたりするリスクがあるので、相談相手やストレス解消手段はしっかり用意しておきましょう。

繊細さや些細な気付きが必要とされる仕事をしよう!

これはほとんどの仕事で求められるでしょう。繊細で丁寧な仕事ができる人はどこでも重宝されます。

さらに、防犯・防災やシステム開発等、ちょっとした違いを見つけることが非常に重要となる業務にも向いています。

HSPという言葉に踊らされてはいけない

繰り返しますが、HSPというのは単なる気質、性格のことです。

HSPを理解することは、くだらない悩みから開放され、新たな可能性を得るという点でとても意味のあることだと思います。

しかし、医学的、科学的なHSPの考察にはあまり意味がありません。また、HSPという言葉に縛られすぎていけません。本末転倒になってしまいます。HSPだから人並みにできないとか、HSPだから人とうまく付き合えないとか、そんなネガティブな言い訳は捨ててしまいましょう。

発達障害や双極性障害などほかの精神的な疾患にもいえることですが、言葉にとらわれてしまうと人生とっても損します。可能性を自ら放棄することに等しいのですからね。

HSPはとかくネガティブ思考になりやすい気質です。だからこそ、ちょっとポジティブ思考を意識してみるだけで、今までとはぜんぜん違う世界が見えることだってあるんですよ!

さあ、楽しいHSPライフを送りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。